いわき市 保育園 社会福祉法人松涛会 梅香保育園

いわき市 梅香保育園
 
 
 
 

9月の園だより

 まだまだ残暑が続く毎日ですが、たまに肌に触れる風がここちよく感じられる日が出てきました。
 園庭には、いつしかトンボの群れがやって来て、子どもたちに、秋の気配を知らせてくれているようです。
 
 先月より運動会に向けて練習が始まりました。
 平市民運動場に移動して本格的な練習も増えてきました。
 暑さ対策をしっかりと考え、子供の体調管理を第一に考えながら行っております。
 子供たちは暑い中にもかかわらず、一人一人ちいさいながらにも、目的に向かって一生懸命みんなと力を合わせて練習を行っている子どもたちの姿に頭が下がる思いです。
 
  さて、今月の9月1日は防災の日、今から95年前の大正12年に関東大震災が起きた日です。
  「天災(災害)は忘れた頃にやってくる」と昔から言われている様に、大災害はくり返されています。
  その事を決して忘れずに、日頃の訓練を怠らず、「備えあれば憂いなし」を肝に命じ、毎月の避難訓練にも力を入れて行きたいと思います。
 
 また、9月の風物詩でもあるお月見(中秋の名月)は、今年は9月24日です。
 十五夜とは現在の新暦9月15日前後に訪れる満月の日の事を呼ぶそうです。
 秋の夜長、明るく輝く満月を眺めながら、お子さんと一緒にうさぎさんを探してみる、そんな時間の過ごし方もすてきですね。
 
 お月見飾りの定番は、お月見団子とススキの穂を供えるのが一般的ですね。
 餅は祝い事、団子は仏事といったイメージがありますが、昔は精米の過程でくず米も多く出た為、それを団子にし、昼食や間食として食べていました。
 つまり団子は日常食でもあったわけです。
 
 お月見をきっかけに、団子を作って食べる機会を増やすことも、楽しい食育活動になり、親子で楽しめるのではないでしょうか。


逆浸透膜浄水器設置のお知らせ
この度、園児が飲料する水の安全性を考慮し、逆浸透膜浄水器を給食室に設置いたしました。
給食や園児が飲料する麦茶などに使用いたします。
逆浸透膜とは、海水を真水にする浄水システムで塩素やカルキ、ウィルスはもちろんトリハロメタンやダイオキシンなどの微細な「化学物質」や「重金属」を97%以上除去し、真水(ピュアウォーター)を精製します。



リアルタイム空間線量計設置のお知らせ
福島県災害対策本部より、リアルタイム空間線量計を園庭に設置いたしました。
設置場所の地上50aの高さの放射線量の計測値(10分間の平均値)を表示する装置です。

予防接種は計画的に
大切なお子さんを感染症から守る予防接種。
接種漏れがないか母子健康手帳を確認してみてください。
なお、接種した際は、担任にお知らせください。よろしくお願いします。